スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone + Moment Superfish Lensで撮る。

IMG_0093.jpg

現在、世界中で最も使われている『カメラ』と言えば、iPhoneとなるらしい。なるほど、というわけだ。確かに、iPhone搭載のカメラも性能がアップしてるから、スナップ写真などは、もはや、写真専用のカメラは必要ないのかもしれない。さて、iPhoneカメラの外付けレンズと言えば、広角、望遠、ミクロなど、各社から発売されてるのだけど、その中でも、評価の高い Moment社のレンズを幾つか手に入れて使い始めてるところ。この写真は、Superfish Lens(いわゆる魚眼レンズ)を装着して撮ってみた。魚眼レンズはこれまで使ったことはないのだけど、なかなか面白い写真が撮れそうだ。
スポンサーサイト

マイ旅カメラ:GR Digital III

20141019.jpg

僕が持ってる中で、 最も使用頻度が高いデジタルカメラと言えば、やはり、RICOH GR Digital。数年前、中古で手に入れたGR IIIは、既に、最新機種(GR2)から遡って3世代前になる。と言っても、別に、常に新機種を手に入れないと気がすまないといった脅迫感は全くなく、このGR IIIの性能に全く不満はなかった。少なくとも、電気屋で時間つぶしに、最新機種のGR2を手に取るまでは。

取り合えず、カタログだけもらっといた。

FUJIFILM X-Pro1のファームウェア更新

x-pro1.jpg

FUJIFILM のミラーレス一眼レフカメラ、X-Pro1を使って暫く経つ。使いこなせているかどうかは別にして、どちらかと言うと大柄なこのカメラを持った時の感覚がとても良い。先日、X-pro1を含むFUJIFILM Xシリーズのカメラのファームウェアが公開された。今回のバージョンアップで、バージョンは3.40となり、新たに『AF+MF』機能(シャッター半押しによるAF操作後、マニュアルフォーカスが出来る)が追加された。X-pro1は、2012年2月発売だから、かれこれ3年になる。製品寿命の短いデジカメの世界で、継続的に機能アップを提供するメーカーの姿勢は素晴らしい。だから長く使いたいと思うし、遅ればせながら、交換レンズも試してみたいと思ってる。

FUJIFILMから最近発売されたX100Tも興味津々。ブラックボディが精悍で、そそられます。
x100T.jpg

アウトライダー2014年12月号掲載写真:『彼岸の頃』

20140926outrider.jpg

今年はいろんな事情で、なかなかボンネに乗れなかったせいか、ワクワクしながら写真を撮るようなことも少なかった気がする。そんなわけで、アウトライダー誌の『ツーリング写真コンテスト』への応募写真も、今ひとつのように思う。これは、最新号12月に掲載していただいた写真。初秋の朝の遮光に照らされる、元気一杯の彼岸花を主題に、咲き始めのコスモスを青空に散らしてみようと、構図を考えながら撮ったもの。

なんて書きながら、コンテストの賞狙いの写真を撮ろうとしてる自分に、ひとり苦笑したりもする。もっと楽に撮れば、もっと面白いのにねえ。

またいつか使ってみたいフィルムカメラ:Rollei35S

rollei35.jpg

日本カメラかアサヒカメラの最新号に、フィルムカメラがまた流行ってる、というような記事があった。僕の防湿庫には、フィルムカメラが6〜7台、眠ってるのだけど、このままだと、もう使われることはないかもしれない、ということに寂しくも思ったりもする。残ってるフィルムカメラの中でも、特に、気に入ってるのが、ローライのフィルムカメラ(Rollei35S)。いわゆるコンパクトカメラの草分け的な存在。小さい割りには、手に取ると、ずっしりとした金属感があるとこも気に入ってる。その昔は、ローライに、アグファカラーのフィルムを入れて、スナップを撮ったものだった。

そうだ、今度、これをツーリングに持っていってみようか。露出計はまだ動いているだろうか。フィルムカメラの楽しみ、この時代になると、とってもスローな贅沢な楽しみかもしれない。

アウトライダー8月号掲載写真:『気持ちのよい道』

201405a_1000.jpg

アウトライダー誌のツーリング写真コンテストに、毎回応募してる。8月号には、こんな写真を掲載していただいた。秋色の景色を中をワインディングロードが駆け抜けてる。残暑も終わる秋の朝、文字通り、『気持ちの良い道』だった。この景色を前に、どうやって撮ったものかと暫く考えたあと、蛇行する道を画角一杯に取り、そして、左上に富士山を配置させることにした。実のところ、この写真を選ぶ時に迷った。なんてことのない風景写真であり、ある意味、ツナラナイ写真とも言える。要するに、コンテストウケする写真ではないわけだ。それでも、僕はこの写真が気に入ってたから、コレを応募することにした。

実は、今回、評者のかたから、かなり辛口のコメントをいただいた。書店で立ち読みしたので、正確ではないのだけど、構図の中に無駄な部分が多いこと、遠方に写ってる小さなライダーの意味が不明であること、そして、もう少し風景を大胆に切り取れないのか、といったコメントだったように覚えてる。写真の見方は人それぞれなのだけど、批評しようとした場合、ある意味、予想通りのコメントではある。
Recent Stories
無料ブログパーツ

久しぶりにひとっ走り。 (06/11)クウ、ボンネビルに遭遇する。 (04/16)ボンネビル寸景 #439: オートバイとの距離感 (01/29)

Category
Connections
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。