ロードバイクのチューブ交換

英国ラレー(Raleigh)社のクロモリ製のロードバイクを手に入れて5〜6年になる。最近、リアタイヤの空気圧がすぐに落ちてしまうので、チューブの劣化かと思い、交換してみた。今のところ大丈夫みたい。...

ロードバイクにBERNのヘルメット(Allston)

最近、自転車が面白くて仕方ない。Relaigh CRF、は、かれこれ5年以上前に、運動不足解消のため手に入れたクロモリ製ロードバイク。以来、多少のブランクはあるものの、時々、近くの河川敷のコース(往復40kmほど)を走ってるのだけど、ここ数ヶ月は、ほぼ毎週末、河川敷に通ってる。そして、当初の目的の『運動不足解消』は、50歳を超えた最近では『体力維持』に変わり、そのためには、マッタリ走るだけでは全く効果は期待できな...

FATBOYで大井川の河川敷を遊ぶ。

いつもはロードバイクで走る大井川のリバティ、今日はファットボーイで行ってみた。とはいうものの、こんなゴッツイタイヤだから、舗装路を走っても全然進まないし、まあ、あまり面白くないわけです。だから、時々、ダートに入ってみる、そして川の方に降りてみた。石ころだらけの河川敷、時々、川の流れをつっきたりして、これがなかなか面白い。で、調子に乗ってると、はい、転倒もしました(汗)。今度、こいつで川を横切ってみ...

ロードバイク・メンテナンス

1〜2週に1度は、ロードバイクで40kmほど走って、いわゆる『体力作り』してる。どうやら、45歳を過ぎたあたりから、健康に関して一気に色々と『出てくる』らしい、とは、昨夜、会社のお偉いさんとの「懇親会」で聞いた話。そうか、そろそろ健康診断(壮年者用)の季節だ。そうそう、このところの宴会の席で、『○○さんはゴルフはやらないの?』と訊かれる。どうやら、週末にゴルフをするのは、この年代層(>50歳)の定番らしい。...

ファットバイク用縦型スタンドを作る。

自転車の室内保管と言えば、そのまま置くか吊るすか、ということになる。ネットで検索してみると、そこは、日本の住宅事情、色んなアイデア商品がある。で、最もスペースを節約できるのが、自転車を立てて保管すること。自立式縦置きスタンドは、ロードバイク用の製品はあるものの(例えば、コレ)、極太タイヤのファットバイク用のものはない。というわけで、週末DIYで作ってみた。材料は、オートバイ用のフロントホイールクラン...

スペシャライズド・ファットボーイ(FATBOY)+ シマノ・セイント PD-MX80ペダル

例えば、MTBのカスタムパーツ特集なんて、分厚い雑誌があるように、どうやら、自転車のカスタムは、かなり奥が深いようで、よくわからないのが正直なところ。それに、まあ、ファットバイクで、MTBの基本テクニックをトライするも、なかなか思うようにはいかない僕が、カスタムどうのこうのを考えるのは、10年早いのかも。一方で、この歳になると、10年も待ってられない状況もあり、取りあえず、僕にもワカリヤスイところで、ファッ...

ファットバイクにサイドスタンド?

ロードバイクやMTB、通勤や通学目的ではなく、走ることを目的とする時には、どうやらサイドスタンドを付けるようなことはしないらしい。一方で、実用性と見た目のどちらを重要視するかということについて、個人の好みのところでもある。例えば、『自転車のある風景』の写真を撮る時に、自転車は自立してた方が良いのかな、とも思ったのだけど、ファットバイクのようなMTB系の自転車は、こんな風に転がしてるだけでも良いのかも。た...

スペシャライズド・ファットボーイ(FATBOY)+ブルックス B17 NARROW

昨日紹介したブルックスの革サドル(B17 NARROW)、少し早起きして、ファットボーイに付けてみた。そもそも、ブルックスは、いわゆるクロモリ製の細いフレームに似合うと言われてるのだけど、ファットボーイにも、これはこれで、純正サドルよりも、かなりグレードアップ感がある。さて、肝心の乗り心地はまだよくわからないのだけど、跨がった印象は、評判通り、やはり固い。これから乗りこんでいくうちに、僕のお尻にあってくるは...

ブルックスの革サドル:Brooks B17 Narrow Black

かなり以前に、ロードバイクに付けようと手に入れたままになっていたブルックスの革サドル(B17 NARROW)。同じ英国製のラレーのロードバイクに、ピッタリと思ったのだけど、今度、ファットバイクに取付けてみようと思ってる。どうかな、似合うかな。...

49歳から始めるMTB基礎テクニック

ファットバイクを手に入れて、取りあえず、手頃なトレールを走ってみて(ボロボロに疲れたけど...汗)、この歳になって、自転車が面白くなってきた今日この頃。そうこうしてるうちに、出来れば、公園の階段を華麗に登ったり下ったりもしたくなってくる。そして、道の真ん中に、『都合良く』転がっている丸太も、スピードを落とすことなく、走り抜けたいと思うようになってくる。まずは、こんなところからかな。さて、華麗に丸太...

自転車のある風景 #001:今年も『田植えの季節』がやって来た。

僕の住むところには、田んぼが沢山あり、先週あたりから、田植えが始まってる。夕方にファットバイクで近所をポタリング。寒くもなく、暑くもなく、そして湿度も低い、梅雨前のこの時期は、1年のうちでも、最も快適に過ごせるのではないか、などと思うくらい、気持よく自転車散歩してきた。昨年のちょうど同じ季節に撮った時は、もっと空に雲があったかな。そうそう、だから夜はカエルの大合唱を聴きながら眠りにつくわけです。...

ファットバイク(Fatboy)にリアフェンダー装着:PDW Dave's Mud Shovel

初めてのトレイルライディング、先日の雨のため、林道のところどころに水溜り、そこを走り抜けるものだから、豪快に水を搔き上げるわけだ。で、購入1週間でも、それなりに泥だらけにもなる。帰宅後、ボンネビルでもしてるように、水洗い&洗剤洗い&チェーンクリーナー&チェーンルブで、ピカピカにしてる。ファットボーイには、フェンダーは設定されておらず、従い、サードパーティ製のパーツに頼ることになる。調べてみると、ど...

ファットバイクで初めてのトレイル

先日手に入れたばかりのファットバイク(スペシャライズド FATBOY)で、初めてのトレイルライディングに行って来た。MTBの経験もない僕が、いきなりのトレイルデビューというわけだ。ネットで紹介されていた近くの手頃なルートを参考にさせていただいた。隣町である六合の駅から北上、東光寺から林道が続く。5月の新緑が空気が清々しい。誰も通らない(実際のところ、今日は誰ともすれ違わなかった)林道を快適に突き進んでいく。...

3台目はファットボーイ(スペシャライズド)

ファットバイクという自転車の存在を知ったのは数年前のこと。MTBのようなフレームに極太のタイヤが強烈だった。そして、半年ほど前、たまたまボンネビルでひとっ走りしてる時に、立ち寄ったコンビニで、話かけてきたかたの自転車がファットバイクだった。自転車に関して言えば、以前から(この歳のオッサンには典型的なキッカケではあるのだけど)ロードバイクで『運動』してるのだけど、カッコ良く走れてるかどうかはともかく(...

オールドDAHONのレストア(2007年)

Macのハードディスクにあるファイルを整理してたら、こんな自転車の写真が出てきた。JPEGの日付をみると2007年とあるから、7年間の写真。オールドDAHONとも呼ばれ、知る人ぞ知る的な、オールドファッションな折り畳み自転車。ヤフオクで、たしか数千円で手に入れた。状態は各部に錆有りで、文字通り『不動車』だったのだけど、それから数ヶ月かけて、バラバラにして、磨いたり、タッチアップしたり、グリースアップしたり、サドル...

自分プロジェクト2014:『毎週自転車で30km走る』

そろそろ健康診断の時期。同年代の同僚の間では、診断日をターゲットに、節制やらジョギングやらで、ボディのコンディショニング、つまり、健康状態を最適化し、なんとか、この毎年恒例のハードル(健康診断)をクリアしようとするわけだ。その姿は、さながら、棒高跳びで、ギリギリ、バーを越えるか、引っ掛かるかの攻防のようにも見える。まあ、本来の健康診断の目的からすると、なんちゃって最適化した状態で受けて、冷や汗かき...

ラレーのロードバイクにルーカス製リフレクターをつける。

僕の愛車であるラレーのロードバイクに付いてるリフレクター(反射板)、汎用品だと思うのだけど、造りもとってもチープで地味な感じ。ここのパーツはもっと主張しても良いのではないかと、ネットで探してみるのだけど、イメージにあうものはないみたい。で、ふと思いつき、以前にも紹介したルーカス製レフレクターを装着できないかと。そう言えば、ラレーもルーカスも、どちらも英国もの、これは良いコンビネーションだと思ったり...

ラレーのロードバイク:Relaigh CRF

今日はボンネビルの話題ではなく、ロードバイクの話。何年も前に手に入れたロードバイク。実は、運動不足解消のために手に入れたもの。このところ部屋の壁に吊り下げられて、ホコリが被ってる状態。『今年こそは!』などと、1年のこの時期に、繰り返してきた新年の抱負というわけではないのだけど、40代も後半になった今、もう一度、乗ってみようかと思ってる。英国ラレー(Raleigh)社のクロモリ製のロードバイク。もっと軽いア...