第289話 街角(岐阜県多治見市)

20160502_289.jpg

所用の帰りに、多治見市に立ち寄り、街の中心部と思われるところを歩いてみた。ここは、日本で最も暑くなるところとして知られてるそうだ。今度は夏にオートバイで来てみようか。

街角のなんてことのない風景なのだけど、道路の標識ってのは、なんで、こんなに色彩が豊富なんだろう。まあ、これはこれで、画としては、うまくまとまってるような気もする。

第288話 ろじうらのカフェ バンバン堂

20160501a.jpg

足助の町は川沿いに沿ってるから、通りから川の方向に何本もの路地がある。この路地が興味津々であり、時々、細い路地を歩き進んだりする。そして、ある路地を進んでいくと、『ろじうらのカフェ バンバン堂』があった。迷わずドアを開けた。注文してから、暫くしてから(10分ほど)、持ってきていただいたコーヒーがとっても美味しかった。この10分ほど、というのが、絶妙な時間であり、ドリップでとっても丁寧に淹れてくれたんだろうなあ、なんて想像したりする。
20160501d.jpg

20160501c.jpg

20160501b2.jpg

第287話 足助の町並みを歩く。

20160430a.jpg

足助」と書いて「あすけ」と読む。豊田市にある町で、すぐそばにある香嵐渓は紅葉で有名だ。その昔、三州街道(塩の道)の足助宿として栄えたこの町は、今でも、古い町並みが残ってる。所用があり、こちら方面にやってきたのだけど、まだ朝の早い時間だったから、足助の町を歩いてみた。休日の晴れた朝、カメラ片手に、こんな町を散歩するのはとっても楽しい。

20160430b.jpg 20160430d.jpg 20160430c.jpg 20160430e.jpg 20160430f.jpg 20160430g.jpg

第286話 新清水駅(2016年)

20160305a.jpg

清水駅(JR)から駅前の商店街で遅い昼食を取り、更に歩き、新清水駅(静鉄)を通過する。映画撮影中。暫く眺めてみる。

街を歩いてると、既に春の匂いがする。こんな日にカメラを持って散歩するのも良い。へえ、こんなところにこんな店がある、とか、こんな路地って良い感じ、などと、歩いてると、思わぬ発見もする。

第285話 遠州森町(2015年)

PM285.jpg

所用で浜松に行った帰りに、少しだけ遠回りして森町に立ち寄った。ちょうど今日は、『クラフトフェア2015』なるお祭りが開かれており、普段は、ほとんど人通りのない町の通りが随分と賑わってた。カメラ片手に散歩してみたのだけど、それがなかなか楽しい時間だった。

カメラはお気に入りの富士フィルムのT100(初代モデル)だ。その昔は、カメラ雑誌のフォトコンテスト狙いで、古いレンジファインダー機を首から下げて散歩してたものだ。このT100の大きさや質感は、ライカのM型カメラとよく似てるから、ついその気にもなる。

第284話 坂の上から観る景色(2015年、尾道)

PM284.jpg

生まれ育った尾道を、カメラ片手に歩いてみる。

尾道といえば、坂の町を思い出す人は多いかもしれない。坂の上まで登り、やれやれとしながら振り返るとこんな景色がある。どこからともなくやってきた猫が、こっちをチラ見しながら、『よお来たな…』なんて構図は出来過ぎか。
Recent Stories
無料ブログパーツ

クウ、ボンネビルに遭遇する。 (04/16)ボンネビル寸景 #439: オートバイとの距離感 (01/29)iPhone + Moment Superfish Lensで撮る。 (12/17)

Category
Connections