まいにち使うもの:HUNGRY JACKのパンケーキミックス

20代の頃、アメリカ東部の田舎町で暮らしてたのだけど、時々、無性にパンケーキの朝食が食べたくなる。当時の僕のお気に入りは、HUNGRY JACKのバターミルク・パンケーキミックス。『ハングリー・ジャック』という名前も素晴らしい。僕の人生の中で、これ以上のパンケーキミックスに出会ったことがない、というのは、当時の記憶から来る僕の想い入れから来るのかもしれない。長期のアメリカ出張から帰国した同僚が、土産にと、あのH...

まいにち使うもの:みるっこDX R-220(フジローヤル)

コーヒーミルは、文字通り、毎日使ってる。フジローヤルの『みるっこ』は知る人ぞ知る、家庭用コーヒーミルの最高峰。安価な電動ミルは沢山あるのだけど、毎日使って、更に、一生モノということであれば、この値段にも納得できる。...

まいにち使うもの:L.L.Bean のフィールドコート

L.L.Bean のフィールドコートは、僕が二十歳の頃には既に手に入ったから、既に30年以上続く定番製品だ。初めて手に入れたのは、僕が30歳の頃、このコートは、それから20年間、文字通り、使い倒した。時々、洗うから、オリジナルのSaddle色はほとんど薄れて白っぽくなった。そして、最近、フィールド・コートを新調した。今回手に入れたのは、やはりオリジナルのフィールドコートなのだけど、取り外し可能なライナーには、ポリエス...

まいにち使うもの:ハンス・J・ウェグナーのロッキングチェア

父親は、家の中のいつもの位置に、いつもの椅子に座っている。アメリカ映画でよくある光景だ。そんな椅子が欲しいと思い、15年ほど前、中古住宅を手に入れた時に、手に入れたハンス・J・ウェグナーのJ16 ロッキングチェア。どこから見ても美しいと思う。この椅子を手に入れて15年、当然ながら、僕もそれだけ歳をとったわけだ。...

まいにち使うもの:ミズノのブレスサーモインナー

今年は(今のところは)随分と暖冬みたいなのだけど、やはり朝夕は冷え込む。その昔の寒さ対策と言えば、基本的に重ね着。下着の上にトレーナー、さらにセーターを着て、その上から大きめのジャケットを着る。これで、ツーリングに行くわけなのだけど、そもそも、これだけ着膨れすると、身体の一連の動くが緩慢になってしまう。ここ数年、ユニクロのヒートテック素材をはじめとして、今では、かなりの数の『温かいインナー』が手に...

まいにち使うもの:スローウェアライオンのオックスフォードブーツ(OB-8958)

靴は、誰もが毎日使うモノのひとつ。ここ数年で履きつぶしたワークブーツを新調した。スローウェアライオンのオックスフォードブーツ。スローウェアライオンのブーツは、ここ数年の僕のお気に入りで、同社のラインマンブーツとエンジニアリングブーツに続いて、3足目となる。これから自分仕様に履きこなしていくのが楽しみだ。ソール交換しながら、できるだけ長く経年変化を楽しみたいと思わせるブーツだ。...

まいにち使うもの: ソニー・ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-BTV5

中学の時にテレビで放映されていたエルビスプレスリーのハワイ公演にひどく感動し(実際のところ、翌日、僕が持っている貯金のほぼ全てを投入し、2枚組のレコードを手に入れた)、そして、それ以来、10代から20代後半まで、その時代の、つまり80〜90年代の洋楽を聴きながら過ごした。当時、僕は学生時代をアメリカで過ごしたのだけど、毎朝、大学までの10キロほどの道のりを、古ぼけたフォードのステーションワゴンで通う間、カー...

まいにち使うもの: IRON HEARTの21ozジーンズ(461)

久しぶりにジーンズを買った。IRON HEARTの21オンスのエクストラ・ヘビー・デニム(ブーツカットジーンス)。ストレート(634)とブーツカット(461)とどちらにしようかと思ったのだけど、今回はブーツカットで。ストレートとの違いは、そのスタイルなのだけど、ブーツカットの場合は、太もも部分がパンパンになる。因みに、例えば、リーバイスなどの他のジーンズでは僕は29インチで若干余裕があるのだけど、IRON HEART461の場合...

まいにち使う物: ジャケットハンガー

お気に入りのレザージャケットだから、定期的なメンテナンスはしておきたいもの。例えば、週に一度は、ブラシをかけるとか、ウエスで乾拭きするとか、そして、年に一度はオイルを補給してあげる。僕の定番は、マスタングペースト。これを手の平につけて、薄く伸ばしながら、ジャケット全体にオイルを塗りこんであげる。数日間、陰干しした後で、余剰のオイルを拭き取りながら、ジャケット全体を磨きあげるわけだ。日々使うものだか...

まいにち使うもの:ルイスレザー・ドミネーター(Style No.551)

もう暫くしたら革ジャケットの季節。数年間、ルイスレザーのスーパーモンザを手に入れて愛用してるのだけど、少し前、ご縁があり、同じルイスレザーのドミネーターを手にれた。ダブルのモンザに対して、ドミネーターはシングルジャケット。オートバイのライディングだけでなく、普段着にも使えるところが良い。サイズはモンザと同じ36インチ。僕の体型(171cm、体重65kg、胸囲93cm)では、若干余裕はあるものの、Tシャツだけでも、...

ドゥーパ!特別編集:ガレージ&工房ファイル(いちばん好きな場所&時間)

仕事から帰宅すると学研からお届け物有り。本日発売の『ドゥーパ!特別編集:ガレージ&工房ファイル(いちばん好きな場所&時間)』。以前、ドゥーパ!誌に掲載の僕のガレージの記事が再編されて、再度、ムック版で紹介していただいたとのこと(過去記事はコチラ)。サブタイトルがイケてる。『いちばん好きな場所&時間』...なるほど、確かにその通りかも。というわけで、改めて、読み直してみようと思ってる。...

まいにち使うもの:スローウェアライオンのエンジニアブーツ(@6ヶ月使用)

昨年手に入れたスローウェアライオンのエンジニアブーツ、ボンネビルに乗る時はいつもコレだ。とても気に入ってる。この種のブーツは、うまく付き合えば一生モノにもなると思うのだけど、この半年は、ほぼ履きっぱなし。とはいうものの、週末ライダーだから使用頻度は少なく、経年変化というよりも、段々と履き慣れてきた状態。レザーマスターで、クリーニング後、プロテクションクリームを塗っておいた。そして、丁寧に磨いて、そ...

雑誌 Coyote:『旅する二人、キャパとゲルダ』

日曜日、家族サービスというか、渋々というか、久しぶりに買い物に出かけた。数年前、郊外にできた大型のショッピングモール、三階建てのビルディングに、気が遠くなるほどの数の(まあ、言って見れば、どうでも良い)ショップと、それに、3階には映画館もある。モールは、こんな田舎によく集まったものだと思えるほど、買い物客で賑わってる。貴重な休日をここで過ごすことを、心から楽しんでいる人たちを眺めるわけだ。こんな風...

まいにち使うもの:土屋鞄製作所のキーケース

ヌメ革好きだ。使い込んでいくうちに、だんだんと革が馴染んできて、そして、いい感じに飴色に変わってくる。その意味では、例えば、レザージャケットやブーツにみる革の経年変化(エイジング)に近い感覚かもしれない。今回紹介するのは、土屋鞄製作所のキーケース。これは、10年ほど前に鎌倉で手に入れたもの。毎日、それも手に取って使うものだから、少しくらい拘っても良いのではないかと思ってる。...

DIME CITY CYCLESによるボンネビル・カフェレーサー

DIME CITY CYCLESによるボンネビル・カフェレーサー・カスタム。うーん、カッコイイ!...

まいにち使うもの:サンビーム社のクラシック・トースター

気がつけば、定番化しつつある、この『まいにち使うもの』シリーズ。勢いをつけて、次の『モノ』を紹介する。朝は和食ですか?それとも洋食ですか?僕は、まあ、朝から、ガッツリと食べるわけではなく、そして、少なくとも、ご飯&味噌汁ではないから、どちらかと言えば洋食派なのだろう。いつも、朝の基本は、コーヒー&トーストだ(とっても在り来たり)。かれこれ、15年ほど前、サンビーム(Sunbeam)社のクラシック・トースタ...

まいにち使うもの:バースイヤー・オメガ(1965年)

『この時計はね、お父ちゃんと同じ歳なんだよ。』、息子が小さい頃から何度となく、僕に聞かされたこと。15年ほど前、ebayで、(多分、100ドルほどだったか)古いオメガの時計を手に入れた。1965年 Omega Seamaster-600。それから、3回革バンドを交換し、そして、ほぼ5年おきに分解整備をしながら、僕と同じ50年目を迎える今年も、しっかりと時を刻んでる。実は、今日、オーバーホールから10日振りに、僕のところに戻って来た。...

まいにち使うもの:グローブトロッターのアタッシュケース

10年ほど前、ごく普通に&人並みに昇進した機に、グローブトロッターのアタッシュケースを手に入れた。それ以来、出張でどこに行くにも、このアタッシュケースを連れていくことになる。僕が使ってるグロトロ(僕は訳してこう呼んでる)のアタッシュは16インチ(横40cm)のもの。その他、18インチ(同45cm)のサイズもあるのだけど、僕の身長(170cm)を考慮すると、バランス的には16インチが良いと思ってる。更に、この40cmという...

まいにち使うもの:ハリオのV60ドリッパー

昨年の記事、『自分プロジェクト2014:『美味しいコーヒーを淹れる』』、以降、時には思考錯誤しながら、『プロジェクト』に取り組んでる。その中で、いわゆる、自分的に『ブレークスルー』だったのが、知る人ぞ知るハリオの透過ドリッパーV60、を使い始めたことだ。なんでも、このドリッパーは、コーヒー抽出のスピードを速める構造で、豆本来の味、いわゆる酸味が強調されるのが特徴とのこと。なるほど、今まで使ってたカリタの...

まいにち使うもの:メルクールの両刃ホルダー

カミソリ派?電動シェーバー派?今日は、毎日するはずの髭剃りの話。この30年間、電動シェーバーを使ったことのあるごく短い期間を除き、カミソリ派である。これまでは、どこのドラッグストアで手に入るGilletteを使ってたのだけど、数ヶ月前、メルクールの両刃ホルダー(334C)を使い始めて以来、実際のところ、毎朝の髭剃りが楽しい時間にもなってる。メルクールのホルダーを手に取ると、その質感もさることながら、バランスのと...

時にはクルマ本を読んでみる。

こんな寒くて風の強い日は、ストーブの効いた暖かい部屋で、本を読みながら、マッタリとした日曜日を過ごすのも良いもんだ。本棚には、いつか読もうと思ってる本が数十冊ある。どこかの古本屋で買っておいたり、新刊で買っておいたもの。その中から、今日はクルマ本を4冊。いずれも軽く読むことができる。この中でも、特に『ジャガーに逢った日』は、個人的には、かなりタイムリーな本だ。著者の山川健一さんが冒頭にこんなことを...

ボンネビルにフルフェイス?:Bell Bullitt

僕も含めて、多くのボンネビルライダーは、ジェットタイプのヘルメットを使っているのではないだろうか。新しいけど、いわゆる古くからのオートバイらしいスタイルには、やはりジェットタイプがよく似合う。実際のところ、よく似合ってる。かなり前に、BellのBullitというフルフェイスヘルメットを紹介した。このレトロスタイルのフルフェイス、この業界ではかなりの反響があるらしい。かなりカッコ良いと思う。フルフェイスが敬遠...

Bell M3J ヘルメットをバックル仕様にする。

昨日のひとっ走り、実は、いつものジェットではなく、BELLのフルフェイスヘルメットを使った。随分と冷え込んだため、ということもあるのだけど、最近、やはり、より安全なフルフェイスを着用すべきではないか、と思い始めたこともある。『俺は転倒なんかしないぜえ』なんて自信があっても、オートバイでの転倒は、時として避けられないこと。転倒にも色々な状況があるのだけど、多くの場合、フルフェイスの顎の部分が地面に接触し...

暖か装備で冬もボンネビルで楽しむ。

今朝、自宅を出たのは午前8時前、気温は一桁台前半。まだ12月なのに随分と冷え込んだものだ。とはいうものの、ここは比較的温暖な気候で知られる静岡。それなりの『冬支度』で快適に走ることができる。さて、その昔の『冬支度』は、とにかく重ね着だった。シャツ、トレーナー、セーター、それにジャケットを着ると、かなりの圧迫感があり、その割には、あまり暖かくなかったりする。最近では、その昔にはなかったインナー(ヒート...