スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにひとっ走り。

20170611a_edit.jpg
スポンサーサイト

クウ、ボンネビルに遭遇する。

IMG_2350.jpg

何ヶ月ぶりだろう、なんて思いながら、セルを回すと、一発で始動。いつものツインサウンドと、懐かしい匂いがした。というわけで、久しぶりにひとっ走り。そうそう、1ヶ月ほど前に、我が家に、ワンコがやってきた。名前は、「空」と書いて「クウ」と読みます。よろしく。

久しぶりに走りに行こうか...。

20161111.jpg

本当にカンタンな Bell Bullitt のレビュー

bell1_edit.jpg

Bell Bullitt をやっと手に入れて、やっとひとっ走りしてきたので、簡単にレビューする。僕がそうだったように、このレトロなスタイルに惹かれながらも、買うのを躊躇されている方の参考になれば。

個人的には『買ってよかった』と満足してる。スタイルは外観の通りで、ここでは触れずにおこう。内装はそこそこな高級感があり、被った感じも、安価なヘルメットとは一線を画してる。塗装の具合も素晴らしく、所有する喜びもある。シールドの開閉操作は、決して、パカパカ感はなく、適度な抵抗があり、これも良い感じ。被った感じは、人それぞれだと思う。僕は、いわゆる典型的な『アライ頭』のようであり、L(エル)サイズで、ピッタリから少しきつめ。一方、手に入れたBullittのサイズはXL(エックスエル)。試着した際には、僅かに大きいかな、と思ったのだけど、改めて被って走ってみると、まさにジャストサイズだった。実は購入の際に、L(エル)サイズも試着したのだけど、入るには入ったのだけど、被る時も被った後も、頭の前方部分(オデコの少し上側)がヘルメットに接触していたし、窮屈感もあった。このあたりは、頭のサイズだけでなく、カタチに因るところが大きく、購入の際はやはり試着を勧める。とは言え、基本的には、小さいヘルメットは致命的であり、その後の調整を踏まえて、大きめを購入すべきと思う。

bell2_edit.jpg

先日、おろしたてのBullittを被り、60kmほど走ってきた。外観から想像する通り、フルフェイスなのだけど、視界はかなり広く、ジェットタイプに慣れているライダーでもあまり違和感はないはず。走り出すと、それなりの風切り音は聞こえてくる。アライのフルフェイスを被って乗った感じはよく覚えていないのだけど、それよりも随分と『ウルサイ』のではないか。個人的には、気になるようなものではないのだけど、例えば、ヘルメットの内部にスポーカーを仕込んで乗るような場合は、音が聞こえにくいかも。ベンチレーションの効果は、正直よくわからなかったので、次回、意識して試して見たいと思ってる。

さて、ボンネビルとBullittの相性はどうだろう。このあたり、全くの個人の好みの領域であり、僕がどうのこうの言うまでもないのだけど、個人的には、なかなか良く似合ってると思ってる。ボンネビルというオートバイに関しては、その昔から、ジェット vs. フルフェイスのレトロな議論(?)があり、どちらかと言うと、ジェットが優勢だと思うのだけど。所詮、ヘルメットは消耗品、個人の好みに合わせて、あるいは季節に応じて、選べば良いのだと思う。

ヘルメットのカラーはどうだろう?僕の場合、どちらかと言うと、ホワイト系を選ぶことが多い。因みに、このBullittの色はなかなか良いホワイトと思う。ホワイトにも色々あるのだけど、オフホワイトと呼ぶのだろうか、少しクリーミーなホワイトないい感じ。

bell3_edit.jpg

51歳からの古民家再生: sawamanboの『山辺の家時間』

20161105.jpg

六年前、45歳の時に、練りに練った(?)周到な計画に従い、ガレージを造り、大型二輪免許を取り、ボンネビルを手に入れ、そして、多くの素晴らしいことに出会えた。そして、50歳を超える頃には、『ちょっと待って』というまでもなく、月日は加速度的に過ぎ去っていく。定年までの10年間、そして定年後の残された時間をどうして生きていこうか、などと考えてみるものの、結論なんてものに至る前に考えるのをやめてしまう。今、この時期に、生活の流れをスローダウンして、何かしらを考えなければいけない...、といった『背景』があったのかどうかは自分でもよくわからないのだけど、半年ほど前に、静岡の川根本町の奥深い山辺に、築59年(少なくとも登記上は)の古民家を手に入れた。既に、少しずつ始めてるのだけど、これから数年計画で、この古民家を『じぶん仕様』にしていく。この辺りのお話は、僕の別ブログ、sawamanboの『山辺の家時間』、でボチボチと紹介してるので、興味があれば覗いてみていただければ嬉しいです。

ヘルメットを新調: Bell Bullitt (Stripes Vintage White)

20160903.jpg

先日、横浜に行った時にこっそりひとりで立ち寄ったパインバレーさんで、手に入れたベルのヘルメット ブリット(Bullitt)。以前から興味津々だったのだけど、この度、店頭で試着して、サイズ感を確認、そのままお買い上げ。。。確信犯である。

ところで、このBullittには、多くのカラーがあるのだけど(2017年度モデルも発表されたらしい)、このストライプ・ホワイト、真っ白ではなく、クリーム色っぽい、良い感じの色。

サイズのこと。僕はアライでL(エル)サイズでピッタリ。今回、2サイズ(LとXL)のブリットを試したところ、Lサイズで頭は入ったものの、オデコの部分で窮屈感、わずかに大きめかピッタリのXLを手に入れた。小さいと致命的。一方、あまりにもブカブカはNGなのだけど、もし必要であれば、サイズ調整(サードパーティによるヘルメットサイズ調整用インナー装着)により、フィット感を改善させることもできる。
Recent Stories
無料ブログパーツ

久しぶりにひとっ走り。 (06/11)クウ、ボンネビルに遭遇する。 (04/16)ボンネビル寸景 #439: オートバイとの距離感 (01/29)

Category
Connections
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。