FC2ブログ

ルーカスヘッドライトの装着(其の2)

20130202.jpg

ルーカスヘッドライトの装着(其の1)では、純正のライトリムに、ルーカスライトを装着するところまで書きました。今回装着するライトは LUCAS-TVS、かなりクラシックなライトです。

このライトは、ヘッドライトバルブ(写真11、British Pre-Focus, 12V 60/55W)とバルブホルダーが別々に必要。まず、バルブをライトに装着(写真12)、この際、ライト側とバルブ側にある凸凹を合わせるようにするから、例えば、上下の向きとか角度を心配することはない(写真13)。挿入したバルブ(写真13)は、その上から、バルブホルダーを取付けて固定しなす(写真14、15)。さて、バルブホルダーからの配線コード(3本、ハイビーム用+、ロービーム用+、両方のマイナス)を、ヘッドライト用配線と結線するのだけど、車体側はH4カプラー。これに接続するために、今回は、H4変換コネクターを使います(写真16)。バルブホルダーとH4変換コネクターとの接続コードが出来たら(写真18)、取付準備完了です(写真19)。
20130202b.jpg

上記のH4変換コネクターの接合の際には、3本の配線をバルブホルダー配線と結線するのだけど、それぞれ、正しく組み合わせる必要がある。そのため、車体側のH4カプラーの配線を確認しておく必要があります。ボンネビル(T100)のヘッドライト配線3本のうち、クロ配線はマイナス、その他の2本は、ハイビームとロービーム用、それぞれ、配線の色で識別できるのだけど、バルブホルダー側のクロ配線2本のどっちがどっちか判らなかったので、事前に接続して確認した(写真20)。
20130202c.jpg

さてさて、ボンネに取付けです(写真21)。ヘッドライトの配線は、H4カプラー&変換コネクタで完了。今回、変換コネクタを使ったのだけど、コレ、将来的に、純正方式(今の時代のバルブ)を使う場合でも、簡単に配線できるから便利です。
20130202d.jpg

はい、無事、装着完了です。以前よりも男前になった感じ。今までおとなしかったヘッドライトが、突然、主張するようになった感じ。なんてことのないパーツ変更ですが、グレードがアップした感じがする...とは言え、そう思うのは、僕だけなのかもしれませんが。
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://roadmanbo.blog.fc2.com/tb.php/125-d4799b52

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Category