FC2ブログ

ジッツオの三脚:GITZO G106

gitzo1.jpg

幾つか持っている三脚の中でも、これは僕にとって、一生モノと思ってる。知る人ぞ知るジッツオ(GITZO)の三脚。これは、20年ほど前に、義理の父が手に入れ、そして10年ほど前に、僕が譲り受けたもの。ジッツオの三脚の中でも、かなりコンパクトな部類に入るから、オートバイでのツーリングにも携行できる。今までは、コンデジばかりだったから、コンパクトな三脚で済ませていたのだけど、先日、手に入れた『本気カメラ(FUJIFILM X-Pro1)』では、やはりしっかりとした三脚を持っていきたいわけだ。

ジッツオの三脚は、これしか知らないのだけど、持った時の質感や重さ、それに適度な大きさ、そして、立てた時の安定感、これら全てが、実用性だけでなく、僕の所有欲を満足させる。そうそう、ジッツオは、その昔、機関銃の台座を製造してた、とは、義理の父によく聞かされたこと。

さて、このジッツオ、既に20年ものだから、オーバーホール(自己流です)してみようと思い、取りあえず、バラバラにしてみた。
gitzo15.jpg

各パーツを軽くウエスで磨いた後、ふと思いつき、メタルコンパウンドで脚パーツを更に磨く。
gitzo2.jpg

次に、脚ロック部分に、純正の三脚用グリースを塗布する。これにより、三脚の締め付けなどを滑らかにすることができる。僕のジッツオは4段だから、脚あたりのコネクタは3箇所、合計9箇所を組んでいき、出来上がり。使用感がまるで別物になった感じがある。
gitzo3.jpg

さて、実際には、三脚に雲台を組み合わせて使うのだけど、これまで、ジッツオの雲台G1276を使ってる。もう慣れたから、不満はないと言えばないのだけど、敢えて言えば、コレ単体でかなり重いし、かさばることはある。だから、三脚にあう雲台を検討中。また紹介したいと思う。

関連記事

Pagination

Comment

もみあげネットワーク

GITZOの三脚、いいですね。家電量販店でも見かけますが、安物とは明らかに別格扱いで
ショーケースの中に入ってたりするので、貧民は触れることすらできません(笑)

写真からもモノの重厚さがうかがえますね‥。

ただ、分解シーンがまるでバイクの部品整備中のように見えてしまうのは気のせいでしょうか。
まるでアスクルシャフトに注油してるみたいです。

いいモノを大事にするということでは同じなのかもしれませんが。

roadmanbo

もみあげネットワークさん、こんばんは。
はい、僕も店で、ボケーッとGITZO眺めたりしてます(笑)。
どうやら、三脚にコレクター(?)的な愉しみを持つ分野があるそうです。まあ、オートバイで言えば、何本もサイレンサーを持つような感覚かもしれませんね。

はい、良いものを長く大切に使う、というお年頃になりました。
  • URL
  • 2013/11/14 23:45

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Category