FC2ブログ

X-Pro1とマウントアダプターでOMレンズを遊ぶ。

20131118b.jpg

先日手に入れたFUJIFILMのデジカメ、X-Pro1。レンズ交換式のこのカメラは、各種マウントアダプターを利用して、既存のほとんどのマウントのレンズが装着できる。今回、オリンパスOMマウント(OM-FX)を手に入れたので、早速、手持ちのOMレンズの中から、僕の一番のお気に入りのレンズ、オリンパス ZUIKO AUTO-W 35mm/F2.0を取付けてみた。金属製のこのレンズ、マグネシウム合金製のX-Pro1とよく合う。装着した時のバランスも良い感じ。

マウントアダプターを装着して、撮影するためには、若干のカメラ側のセッティング(レンズなしレリーズをONに、そして、装着レンズの焦点距離の選択)が必要となる。すると、光学式OVFファインダーに、設定した焦点距離に合わせたフレームが現れる。実に素晴らしい。
20131118a.jpg

X-Pro1の場合、焦点距離は装着レンズの1.5倍となる。つまり、35ミリレンズの場合は、52.5ミリの画角であり、いわゆる標準レンズ相当(50ミリ)となる。思えば、その昔、50ミリのレンズを使いこなそうと、試行錯誤してた頃を思い出してしまう。撮影は、いわゆる絞り優先。レンズ側で絞りを選択し、それに合わせて、カメラ側で適正なシャッタースピードを選択してくれる。また、フォーカスはマニュアル。この辺りは、視力低下の兆しがある僕にとってはツライところだけど、実は、カメラ側で、拡大表示もできる機能があるのはありがたい。

ガレージで試し取りしてみる。絞りを選択し、ファインダーを覗きながら、マニュアルでピントを合わせ、一呼吸置きながら、シャッターを押す...うーん、懐かしいし、却って、新鮮でもある。古いレンズを楽しむことができる現代のカメラ...なかなか面白い。

20131118c.jpg
 X-Pro1 + ZUIKO AUTO-W 35mm, F/2
20131118d.jpg
 X-Pro1 + ZUIKO AUTO-W 35mm, F/2
関連記事

Pagination

Comment

もみあげネットワーク

「設定した焦点距離に合わせたフレームが現れる」ってマジですか!! すごいですね‥
ちょっとヨドバシかビックカメラで、X-Pro1さわってこようと思います。外回り中に(笑)

APS-Cだと焦点距離はおよそ1.5倍になるかと思いますが、マイクロフォーサーズだと2倍になってしまうので、
標準域のレンズはほとんど望遠レンズになってしまうんですよね‥。それを手振れ補正なしマニュアルは厳しいです(笑)

それにしてもZUIKO AUTO-Wの質感、いい感じですね~。

roadmanbo

もみあげネットワーク さん、こんばんは。
はい、ちょっとこのカメラに夢中です。最近のデジカメにしては、かなり大柄で、却って、ホールディングが良い感じだったりします。そんなところは、往年のライカM5とかヘキサーといったフィルムカメラを思い出させます。

マイクロフォーサーズは、仰る通り、焦点距離が2倍になってしまうので、いわゆる「いいとこ取り」なところもある一方で、もったいない感じもしますね。でも、是非、トライしてみてください。35ミリだと70ミリ、良い感じのポートレートレンズになったりしますよね。
  • URL
  • 2013/11/19 20:00

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Category