FC2ブログ

三脚(フランス/GITZO)X 雲台(中国/BENRO)のコラボ

20131216a.jpg

先日の記事、『ジッツオの三脚:GITZO G106』、で紹介したジッツオの三脚に続き、今回は雲台のこと。いわゆる三脚は固定するための台座であり、雲台は台座とカメラを接合しながら、カメラを上下左右に自在に動かすためのもの。雲台には、3-way雲台や自由雲台があり、操作性とか携帯性とかにより、三脚とカメラの重量的なバランスを考慮しながら選ぶことになる。これまで、ジッツオの三脚には、同じジッツオの雲台が付いてたのだけど、大きくて重くて、個人的には、操作性は決して良いとは思えなかった。そこで、代替えの雲台として、手に入れたのが中国のBENROというメーカーの自由雲台。表面の処理が異なるBENROの雲台なのだけど、ジッツオの三脚との組み合わせは、それほど悪くないと思う。

このBENROというブランドは最近注目されてる三脚メーカー。その昔は、中国製というと『安かろう悪かろう』的なイメージがあったのだけど、この自由雲台(B1)、その高機能に加え、質感も素晴らしく、コストパフォーマンスに優れていると思う。

20131216b.jpg

スナップ写真では手持ち撮影が基本なのだけど、風景とか夕暮れ時とか、三脚が必要となることは多々ある。で、ツーリングの場合、携帯性の良いコンパクトな三脚を選んでしまいがち。でも、カメラ+レンズがそれなりの重量になると、持って行く三脚/雲台にも、それなりの安定感と操作性が必要になる。今回の三脚/雲台の全長は40cmちょっと、ツーリングに気持よく持って行くには、この辺りが限界かも。

ところで、撮影場所で三脚をセットした後は、カメラを装着した自由雲台で、縦横の位置、上下角度を、文字通り自由自在に動かし、自分の思うところの構図を決めることになる。今回、僕にとっては初めての自由雲台。スムースな操作が出来るように夜な夜な練習してる。
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Category