FC2ブログ

3台目はファットボーイ(スペシャライズド)

fatboy.jpg

ファットバイクという自転車の存在を知ったのは数年前のこと。MTBのようなフレームに極太のタイヤが強烈だった。そして、半年ほど前、たまたまボンネビルでひとっ走りしてる時に、立ち寄ったコンビニで、話かけてきたかたの自転車がファットバイクだった。自転車に関して言えば、以前から(この歳のオッサンには典型的なキッカケではあるのだけど)ロードバイクで『運動』してるのだけど、カッコ良く走れてるかどうかはともかく(実際のところ、若いライダーのかたに簡単に抜かれるし、ついてもいけない)、遅ればせながら、自転車がどんどん楽しくなってきてるところ。そんな折りに、またファットバイクに出会ってしまったわけだ。さて、ファットバイクって、つまるところ、どんな自転車なのだろう、ってなところから始まる。





なるほど、MTBの経験のない僕に、そんなことが出来るのかどうかは置いといて、ファットバイクで何か新しい世界が広がるような気がした。(中略)何軒かの自転車屋さんに行ってみた。どうやら、この自転車、非常にマイナーな存在であり、またメーカーも限られるようだ(例えば、SURLYSALSASANDMAN)。でも、3軒目に訪れた隣町の自転車屋さんで出会ったのが、スペシャライズドのファットボーイ(FATBOY)。何でも、スペシャライズドはファットバイクの領域に、最近、参入したらしく、つまるところ、メジャーな自転車メーカーが造るとこうなる!と言ったところらしい。いわゆる『いいとこ取り』とか『あと出しジャンケン』ということ。なるほど、本国の米国でも、とても評判は良い。タイヤは4.6インチ(約11.7cm)だから、ボンネビルのフロントタイヤよりも太い。お店の人曰く、2014年モデルは、どの店も数台のみが入荷、入荷しても即日完売という人気者らしい。だから、その日、たまたま訪れた、こんな地方都市の自転車屋さんに在庫があるのは奇跡的ということだ。

というわけで、『運命』とか『一期一会』などという都合の良い言葉を思ったりもしたのだけど、その日の即断は避けた。1週間待って、まだ在庫があったら、手に入れようと決心したわけだ(我ながら、ヤヤコしいことをする)。実際は、2日待って(汗)、お店に電話した。で、今日の午前中に納車、午後は、いつもの河川敷のマラソンコースに行ってみる。ロードバイクでは舗装道路のみなのだけど、ファットバイクでは、ダートや段差を好んで走ってみる。コレ、かなり面白い!今年は、自転車が、更に楽しくなりそうな予感。ただ、若干の問題があるとすれば、その存在感ゆえ、この自転車、かなり注目度が高いこと、つまり目立ってしまうこと。

SPECIALIZED FATBOY SPEC
fatboyspec2.jpg
関連記事

Pagination

Comment

emades

こんにちは、いつも楽しく拝読、素敵な写真を拝見してます、久しぶりに書き込みます。数年前から見かけますね!なかなか体力がいりそうです。僕は以前オートバイのトライアルを少しやっていましたが、その始めの頃に自転車での練習がよいというわけでトライアルバイクを買ってはじめましたが、うまく出来なくて止めてしまいました。やっぱりエンジンつきのほうが楽でした。トライアルは転倒がしょっちゅうでオートバイや自分の体が長持ちしませんので数年前に止めました。ケガのないようにしてくださいね。

roadmanbo

emadesさん、こんにちは。
はい、ありがとうございます。実は今日、初めて、ちょっとだけ林道に行ってきましたが、なかなか楽しいですね。でも、それ以上に、体力的にキツい!
トライアルですか!凄いなあ、なんて、観てるだけですが、機会があったら経験してみたいですね。とは言え、何年か前に、大型免許検定の一本橋で、かなり苦労した覚えがあります(汗)。
  • URL
  • 2014/05/24 18:23

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Category