FC2ブログ

第59話 郵便ポスト(ローマ、2007年)

059.jpg

ローマは、二千年以上の歴史を持つ、古代遺跡の中に街があるような所です。例えば、コロッセオ、ファロローマ、ヴェネチア広場、パンテオンなどの古代遺跡や数々の広場・公園、あるいは大聖堂などの教会など、街の中に数々の観光名所があります。
 
僕の場合、観光名所での写真はほとんど撮ることはありません。勿論、古代遺跡には、古代ローマ文明の尊大さを感じるし、大聖堂の美しさには息を飲むほどです。反面、そんな名所に対してカメラを構えても、自分で撮りたいものが不明確で、構図は曖昧になり、結果的に「撮らされた」ような写真しかできません。実は、観光名所の写真は奥が深く、難しいものかもしれません。そのあたりの写真は、ガイドブックに任せることにし、僕は、自分が興味を持ったものを撮るのです。ローマの散歩では、とりあえず、観光名所を目指すのだけど、そこに行くまでの間も、僕にとっては興味津々の時間です。一方、名所に着くと「とりあえずの記念写真を何枚か撮って終わり」、ではなく、時間を掛けて自分の眼で見て、その場の空気をゆっくりと感じたいです。
 
ローマの郵便ポストを一枚写真に撮りました。赤と青色のポストは、建物に埋め込まれるように、整然と設置されていました。小雨が降る曇天の中、ポストの赤色と青色が新鮮です。でも、わざわざローマまで来て、ポストの写真を撮るのは、やはり少し変かもしれません。
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Category