FC2ブログ

第66話 駅構内(コペンハーゲン、2007年)

066.jpg

午後の早い時間に、コペンハーゲン空港に到着、取引先との夕食までには時間があったので、早速、街に出てみました。やはり北欧の二月は、寒さが身にしみます。数日前にいたローマでは使わなかったマフラーを首に巻き、街中のストロイエと呼ばれる歩行者天国を歩きました。ここには、デンマークを発祥とするジョージ・ジェンセンの本店があります。ジェンセンの小物類のデザインはシンプルで好きです。
 
少しお腹がすいたので、実は歩きながら気になっていた屋台のホットドッグを食べました。店のおばさんは全く愛想の「あ」の字もない人でしたが、そのホットドッグには感動しました。香ばしく焼いたチクワ状の白パンの中心部にソーセージとチーズが配置され、これらの味が巧妙にシンクロしながら、口の中に広がります。どうにかして、これを息子に持って帰れないかと真面目に考えたほどです。自信を持ってお勧めする一品です。
 
写真はコペンハーゲン中央駅の構内で撮ったものです。ロンドンのパディントン駅のように、ここにも大きなアーケード状の駅舎があります。構内には、コーヒーショップ、ギフトショップなどがあり、プラットホームは下の階にある構造になっています。午後の斜光が入る駅構内が、印象的な空間を作り出していました。
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Category