FC2ブログ

第69話 平穏な空間(アムステルダム、2007年)

069.jpg

アムステルダムの街に、ショップやレストランが立ち並ぶ賑やかな通りがあります。そのすぐそばにペヒンホフと呼ばれる場所があります。歴史的には、中世の時代(1346年)に、修道院の女性たちのために建てられた宿舎があるコミュニティです。今では、一般の、やはり独身女性の住居となっているそうですが、その当時からの静粛な雰囲気は維持されています。一般の人も足を踏み入れることが許されていますが、住人の生活を乱すことのないように、ここではモラルのある行動が求められます。
 
通りに面した小さな入り口を通り抜けると、想像できないほどの広い空間がありました。小さな教会堂を中心に、数十軒の古い家が、中庭を囲むようにひっそりと立ち並んでいます。つい先ほどまでいた賑やかな繁華街とは違う空間がそこにありました。その辺りだけ、時間がゆっくりと流れているようです。
 
伝統的なアムステルダム様式と呼ばれる小さな家には、それぞれ手入れの行き届いた小さな庭があります。ここに住む人達の質素で平穏な生活を思い浮かべることができます。さて、荒れ放題の我が家の庭を想像すると、少し憂鬱になりました。
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Category