FC2ブログ

第106話 ボール・パーク(サンディエゴ、2007年)

106.jpg

ペトコ・パークは、サンディエゴ・パドレスのホーム球場です。サンディエゴに到着したその日と翌日は、パドレス対レッド・ソックスの対戦があることは知っていました。その日は日曜日、もしかしたらと、散歩の途中に球場に行ってみましたが、当然、チケットは手に入るはずはなく、時折、球場から聴こえてくる歓声に、歯がゆい思いをしたものです。雲ひとつない青空に舞う白球、観たかったなぁ。
 
人口芝の多い日本の球場とは異なり、アメリカの球場の大部分は天然芝で、とても美しい。プレーヤーにとっても、人工芝と天然芝では、勝手が違うようです。球足が遅い天然芝では、野手のスピードとか肩の強さとかが重要になり、それがプレーをエキサイティングなものにする。日本にも、神宮球場や広島市民球場は、今でも天然芝ですね。小学生の頃、広島市民球場に、父親に連れていってもらいました。子供心に、綺麗な天然芝の球場で、王選手や長島選手がプレーしていたのを観て、ドキドキしたのを覚えています。その広島市民球場は、老朽化のため、別に新球場を造る計画があるようですが、是非とも、天然芝を採用して欲しいものです。
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Category