FC2ブログ

第116話 サイゴンは眠らない(ホーチミン、2007年)

116.jpg

ホーチミンの夜は長い。夜九時を過ぎても、通りの屋台は人で賑わっています。店先で、フォー(米麺)をすすりながら、ビールをがぶ飲みしているおっさんの周りで、子供が走りながら遊んでいます。地元のビールといえば「サイゴン・ビール」とか「333(バーバーバー)」とか、発泡酒系が多いのですが、薄味で飲みやすいです。そうでなくとも、熱帯夜の散歩は、歩くだけでも汗びっしょりになるほどですから、そんな時のビールは、なんでも美味しい。
 
道路には、相変わらず、カブ軍団がクラクションを鳴らしながら走り廻っています。昼間と違い、夜はカップルで二人乗りのカブが多いようで、どうやら、デートでもカブは大活躍のようです。そんな中でも、時折、カブに家族四人が巧妙に乗り、「そこどけ状態」で、かっ飛んでたりする。これが毎日毎日繰り返される。ホテルのベランダから、街を眺めながら、なんとも、うるさい街だと思いました。
 
その昔、ビリー・ジョエルが、「グッドナイト・サイゴン」という曲を歌っていたのを思い出しました。
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Category