FC2ブログ

第129話 街の宝物(ハノイ、2007年)

129.jpg

ベトナムの首都ハノイを歩いてみれば、ホーチミンとは雰囲気が異なることがわかります。ホーチミンが元気と活気の塊のような街であるのに対して、ハノイは、それに中国文化と若干の「品」を加えたような感じです。但し、ホーチミンと同様、道路には、「ソコどけ状態」で走るバイク軍団やシクロ(自転車タクシー)が氾濫しているのは、この街でも同じです。
 
僕達日本人が、通りを歩けば、いつものようにシクロのおじさんの客引きを受けます。歩きたいからと断るのだけど、相手も負けない。こんな執拗なシクロの客引きの効果的な撃退法は、絶対に眼を合わさないことです。風情はありますが、金銭トラブルなど、あまり評判は良いとは言えません。
 
ベトナムの子供達が手を繋いで道路を横断しているのに遭遇しました。ちょうど幼稚園児くらいでしょうか。ガヤガヤしながら歩く子供達の長蛇の列に、通りを歩く人達だけでなく、普段、街を我が物顔で走りまわるバイク軍団達でさえ、じっと横断歩道の前で、ニコニコしながら子供達が渡りきるのを待っています。この国でも、無邪気な子供達(有邪気化するのは時間の問題なのですが)の笑顔は宝物なのです。
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Category