FC2ブログ

第132話 ローカル電車の旅(ハイフォン、2007年)

132.jpg

その日、急遽、予定を変更し、日帰りでハイフォンを訪れることにしました。ベトナムの首都・ハノイから東に百キロほどのところにある湾岸都市です。
 
ハイフォンへは電車で行きました。切符売り場で何とかこちらの意図(ハイフォンまで大人二人+子供一人)は伝わったのですが、手続きは煩雑です。チケット毎に乗客と駅員の署名おまけにカーボン紙を挟んで写しを取り、チケットと写しに、トドメの検印、これを三人分繰り返すのです。なんとか発車に間に合いました。電車の窓からは、生ぬるい風が吹き込んできます。長閑な田園風景は、それなりの旅情があります。途中停まる駅では、窓から、地元のおばさんが、例の弁当箱スタイルでやってくるのは、どこか懐かしい風景です。堅い椅子に座ること約二時間、目的地に到着しました。
 
ハイフォンは長閑な港町で、フランス統治時代の古い建物が残る美しい街並み、とはガイドブックで読んだこと。実際は、なーんにもないこの街なのですが、このベトナムの田舎街を、突如出現した三人の日本人家族が散歩するという、極めてアンバランスな状況は、それはそれで、行き当たりばったりの旅の醍醐味でもあります。
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Category