FC2ブログ

第135話 行商(ハノイ、2007年)

135.jpg

ハノイの旧市街と呼ばれる地域は、人々が密集しています。実際のところ、行ってみればよくわかるのですが、例えばこんな感じです。通りには、例のカブ軍団が排気ガスとクラクションを撒き散らしながら走り回り、金物屋街の通りでは、至るところから「カンカン・カンカン」と音が鳴り響き、プラスチックの椅子に座って、フォー(米麺)を食べてるおっさん、その傍らで、子供達が走りながら遊び、写真を撮ろうとして立ち止まると、後ろを歩いていた行商のおばさんに睨まれ、仕方がないと、諦めて道を譲ると、通りで獲物(客)を捜していたシクロのおっさんに執拗な客引きを受け、やっと交差点で諦めたかと思うと、通りの真ん中で、交通ルールを守らないカブ軍団に、行く手をはばまれ、ここでビビッては負け、と言わんばかりに、息子の手をつかんで、『行くぞー!』って、横断歩道を突き進む。疲れる街です。
 
通りには、あらゆる簡易商売を見ることができます。歩道の簡易カブ駐車場、椅子とテーブルを並べただけの簡易食堂、雑誌を並べただけの簡易本屋、そして、行商のおばさんの簡易果物屋。こんな感じでその日暮らしをしているベトナムの人達も多いのです。
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Category