FC2ブログ

第147話 カリフォルニア・ブルー(サンタモニカ、2008年)

147.jpg

新年早々、アメリカへの出張が入りました。今回の目的地は、カリフォルニア州のサンタモニカです。寒い曇り空の広がる成田空港から、九時間ほどでロサンジェルスに到着、そこからタクシーで30分ほどのところにある人口十万人ほどのサンタモニカの街です。初めて訪れる街だったのですが、そう言えば、その昔、そんな歌があったよなぁ…。はい、やってきましたよ。
 
午前中にサンタモニカの海岸に近いホテルにチェックイン、早速、海辺を散歩しました。その日の気温は二十度を超え、空には青い空が広がっていました。といっても、僕が特別幸運だったというわけではありません。年間平均三百二十五日は晴れの日というこの街、だから、十回行っても九回は晴れていることになる。それでも、雨だったという人は、本当の雨おとこ(雨おんな)かも。それにしても、十数時間前の成田空港の曇り空とのギャップに僕は単純に驚き、サンタモニカの風を楽しんだのです。
カリフォルニアの青い空は、よく「カリフォルニア・ブルー」と呼ばれます。青色に白色を少しだけ混ぜて、淡くしたような感じ。ドラえもんの青色にも似てる、そう、そんな感じ。「気分はブルー」と言えば、憂鬱でケダルイ気分の意味ですが、同じブルーでも、カリフォルニア・ブルーと来れば、思い浮かべるのは、こんな感じの広くて澄み切った青い空、いろんなブルーがあります。
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Category