FC2ブログ

第148話 夢のカリフォルニア(サンタモニカ、2008年)

148.jpg

カリフォルニアと聞くと、ママス&パパスの「夢のカリフォルニア」を思い出します。寒空のニューヨークから、遠いカリフォルニアへの想いを歌った曲です。ノスタルジックで哀愁のある曲に、絶妙なコーラスが素晴らしい。この曲は、その後、ビーチボーイズなど、数多くのミュージシャンによりカバーされているのですが、やはりオリジナルに勝るものはないようです。この曲を聴いて、いったいどれくらいの人が、カリフォルニアの地を夢見てきたのでしょう。

♪夢のカリフォルニア(1965年)(訳 ホウボウマンボウ)
木の葉は全部枯れ、空は灰色。
そんな冬のある日に外を歩いてみたんだ。
ここが暖かいロサンジェルスだったら、全てがうまくいくだろうに。
こんな冬の日には、いつもカリフォルニアの夢をみるんだ。

散歩の途中に、ふと、教会に立ち寄ったんだ。
僕は、ひざまづいて、神に祈るんだ。
なんで、神父は寒いのが好きなのかな。
寒ければ、僕がここに、居続けるって思ってるのかな。
こんな冬の日には、いつもカリフォルニアの夢をみるんだ。

木の葉は全部枯れ、空は灰色。
そんな冬のある日に外を歩いてみたんだ。
もし彼女に言わなかったら、すぐにでも、こんな街とはオサラバなんだけど。
こんな冬の日には、いつもカリフォルニアの夢をみるんだ。
こんな冬の日には、いつもカリフォルニアの夢をみるんだ。
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Category