FC2ブログ

第181話 北欧デザイン(コペンハーゲン、2007年)

181.jpg

最近は、世界的に北欧デザインがブームになっているそうです。北欧(スカンジナビア)デザインと言えば、まず、照明や家具を思い浮かべます。ルイス・ポールセンのブランドで知られるポール・ヘニングセン(デンマーク)のランプは、コペンハーゲンでもよく見かけます。その曲線を巧みに生かしたデザインは素晴らしく、目に優しい灯りは、部屋にひとつあるだけで、とても居心地の良い空間が出来上がります。ハンス・ウェグナー(デンマーク)の椅子も、ため息が出るほど美しい。我が家の定番のアルネ・ヤコブセン(スウェーデン)のセブン・チェアも、シンプルで使い勝手の良い椅子です。
 
例えば、アメリカ、ドイツ、イギリスのデザイン家具は、部屋に置いても、あまりにも自己主張するものが多く、しっくりとこない。その点、北欧家具は、どちらかと言うと、控えめであり、その点、例えば、日本の和室にも、以外にも良く合ったりします。
 
その日のコペンハーゲンは、寒いし、あまけに雨模様だったので、街はずれにある工芸美術博物館に行ってみました。
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Category