FC2ブログ

第201話 セルフ・ポートレート(サンタモニカ、2008年)

201_20170107223124945.jpg


これまで数多くの写真を撮ってきましたが、当然ながら、被写体は、街角だったり、そこを歩く人々だったりするわけです。また、日常的にも自分自身の写真を撮るという習慣がほとんどありません。観光名所を背景に、その前景に自身の姿を置いて一枚の記念写真として残すという行為を全く否定する気はありませんが、例えば、道行く人に頼んで写真を撮ってもらうほどの欲求とか動機が僕にないのです。一方、セルフ・ポートレートという分野があります。要するに、自分で撮影した自身の写真です。実際に、リー・フリードランダー、エド・ファン・デル・エルスケンなど多くの写真家が自身のポートレートを残しています。いわゆる「はい!チーズっ!」的な他人任せの記念写真ではなく、構図や露出を自分自身で決定できるという点で、セルフ・ポートレートはとても興味ある分野です。
 
そのダンススクールは、サンタモニカの街の裏通りにありました。恐らく、社交ダンスの部類だと思うのですが、その時は閉店していたようです。一枚写真を撮ろうとカメラを向けるのだけど、どうしてもガラス窓に僕自身の姿が映りこんでしまう。邪魔だなあ、なんて思いながら仕方なく撮った写真も、取りあえずは、僕のセルフ・ポートレートです。
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Category