FC2ブログ

第207話 サンフランシスコ寸景:ケーブルカーに乗って(2009年)

207.jpg

サンフランシスコと言えば、ゴールデンゲートブリッジのほかに、やはり丘を走るケーブルカーです。ケーブルカーについては、このフォトモノログの第84回で紹介しました。
 
その日は朝から市内を歩き回り、「目測」を誤ったため、ゴールデンゲートブリッジを目指すのに、予想以上に体力を消耗してしまいました。陽も傾きかけた頃、もうすぐホテルに到着というところで、幸か不幸か発車直前の、それもガラガラのケーブルカーが目の前に停まってる。気がついた時には、僕はケーブルカーの上です。ケーブルカー独特のゴトゴトした乗り心地は決して快適ではないのですが、その時の僕にとってはとっても快適です。どこに行くのかもわからないまま乗ったのだけど、とってもラクチンなのです。ケーブルカーには、通りに面して乗る格好になるから、色んな街角が右から左へどんどんと流れていきます。午後の優しい陽射しに照らされた街角をこうやって座ってみるのも楽しい。まるで、映画館に座ってるみたい。それとも、ユニバーサルスタジオのアトラクションはこんな感じなのかな。
 
『あっ!あっちから、別のケーブルカーがやってきた!』
今度乗る時は、僕もああやって、手すりにつかまって乗ってみよう。そうすれば、もっと風を感じることができる。そうすれば、少しだけこの街の人に近づけるかもしれない。そうすれば、もっとこの街が好きになれるかもしれない。
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Category