FC2ブログ

第209話 サンフランシスコ寸景:ユニオンスクエア(2009年)

209b.jpg

サンフランシスコのダウンタウンの中心部に、ユニオンスクエアがあります。南北戦争時代に、カリフォルニア州がユニオン(Union、連邦軍、つまり北軍)側についた時に集会が開かれたことが、この広場の名前の由来です。ベンチが置かれた広場はただの広場なのですが、この広場の囲むようにして、大型デパート、ブランド店、それにホテルが立ち並んでいます。一月のポカポカ天気のある日曜日、ベンチに腰掛けてみる。買ったばかりのラージサイズのカフェラテを口につけ、いつものスターバックスの味であることに少し安心し、辺りを眺めてみる。週末のためか、周辺には買い物客や観光客が溢れています。買ったばかりの大きな紙バッグをいくつもかかえて歩くおばさん、足を組みながら、広々と新聞を広げているビジネスマン、幸せそうに歩く若いカップル、愛犬を連れた女性、恐らく兄弟でしょう、公園を走り回る子供達、皆、思い思いの日曜日の午後を過ごしています。ベンチから見る風景だけでは、今、この国が抱えている深刻な経済問題や社会問題は、まるで想像できません。
 
公園の隅にあるハート型のモニュメントの前で、一組の老夫婦が代わる代わるに写真を撮っていました。僕は何気なく近づいて行き、その老夫婦に声をかけてみました。
「メイ・アイ・テイク・ア・ピクチャー・フォー・ユー?(宜しければ、僕がシャッター押しましょうか?)」
突然の東洋人のオファーに、少々戸惑いながらも、ニッコリとする旦那さんからカメラを受け取り、二枚写真を撮りました。一枚はストレートな横位置で、もう一枚は少しローアングルからの縦位置の写真です。ハートを右上に、老夫婦を少し大きめに中心から左側にいれた構図です。額に入れて飾るのなら、縦位置がいいかなあ、なんて思いました。
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Category