FC2ブログ

第219話 コーヒーショップ(コペンハーゲン、2010年)

219.jpg

北欧の街、コペンハーゲンの夏の朝はとっても早いのです。その日、例の如く時差ボケで「早起き」した僕はホテルの窓からゆっくりと大陽が街を照らし始めるのを眺めるわけです。そして、軽くシャワーを浴び、カメラを持って朝散歩の時間です。

昨夜の賑やかな通りとは裏腹に、朝5時の通りは閑散としています。朝の早い大陽の陽射しの角度は浅いから、街のビルディングの陰影が強調され、とても立体的に見えます。少しだけ朝のヒンヤリした空気とは別に、その日も暑い一日になりそうな予感を感じながら歩きます。そう、その頃の欧州では、猛暑の日々が続いていたのです。

街の中を海に向かって歩きながら、一軒のコーヒーショップを見つけました。そういえば、今朝はまだコーヒーを飲んでない。僕はコーヒー大好き人間だから、そもそも朝にコーヒーがないと、何にも始まりません。一種の(恐らく本当の)「カフェイン依存症」のようなものです。まあ、依存症から来る可能性のあるリスクと、コーヒーを飲むことによる作業効率の改善度を考えてみれば、やっぱり、これからもコーヒーを飲み続けるのだろうなあ、なんて思います。

アメリカでは、最近ではもっぱら「スターバックス」、それはそれで当たり外れはなく安心なのだけど、時には、こんな街のコーナーのコーヒーショップもワクワクします。もう少し散歩して、帰り道に寄ってみよう、と決心しながら、また歩き始めるのです。
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Category