roadmanbo

roadmanbo

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

roadmanbo

roadmanbo

20151109.jpg

先日、本屋で立ち読みしてると、片岡義男さんを特集したオートバイ雑誌を見かけた。恐らく、僕と同じ世代の方の中には、やっぱり気になって手に取った方もあるのでは。当時(30年ほど前)は、どこの書店でも片岡さんの文庫本が並んでた。『ときには星の下で眠る』、『彼のオートバイ、彼女の島』、『長距離ライダーの憂鬱』、などのオートバイ小説は勿論、短編小説やエッセイも好きだった。オートバイだけでなく、プレスリー、サーフィン、アメリカ、長距離トラック、西海岸、夏、秋、写真、コーヒー、大人の女性など、作品の中でのイメージが、10代だった僕にはとても新鮮だった。なるほど、20代の大部分をアメリカで過ごしたのは、少なからず、片岡さんの小説の影響を受けたことがあるのかもしれない。そういえば、幾つかのダンボール箱に入れておいた片岡さんの文庫本はまだ実家のどこかにあるだろうか。

片岡義男.com』をご存じだろうか。なんでも、かれの作品(580作品)の全てを電子化するプロジェクトが進んでおり、既に、一部はamazon等で購入もできるそうだ。久しぶりに片岡さんの小説を読みたいと思うことはありませんか。

『片岡義男.com』で、エッセイ・365の特集では、片岡さんのエッセイ(過去の作品)を毎日読むことができる。この季節、『深まりゆく秋です』はお勧めです。ライダーの皆さんには是非、読んでみて欲しいと思う。
関連記事
Posted by

Comments - 2

There are no comments yet.
こんのすけ  

いいですねぇ・・・自分も思春期がまるまる`80年代だったので、片岡小説の世界にすっかりハマっていました。

`70年代のバイクとクルマに思い入れが深い理由の一つは、氏の小説の影響なのかな・・・と思います。
後に一世を風靡したわたせせいぞうさんも、片岡小説と鈴木英人という先達無くては生まれなかった作家さんではないでしょうか。

久しぶりに読み直してみようかな。

2015/11/12 (Thu) 09:02 | EDIT | REPLY |   
roadmanbo  

こんのすけさん、こんばんは。
片岡さんの文章のスタイルがとても好きでしたね。読みながら、頭の中で情景が広がっていくような感じ。秋の夜長に、もう一度読むのも良いですね。

コメントいただき、ありがとうございます!

2015/11/12 (Thu) 20:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。