roadmanbo

roadmanbo

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

roadmanbo

roadmanbo

bell1_edit.jpg

Bell Bullitt をやっと手に入れて、やっとひとっ走りしてきたので、簡単にレビューする。僕がそうだったように、このレトロなスタイルに惹かれながらも、買うのを躊躇されている方の参考になれば。

個人的には『買ってよかった』と満足してる。スタイルは外観の通りで、ここでは触れずにおこう。内装はそこそこな高級感があり、被った感じも、安価なヘルメットとは一線を画してる。塗装の具合も素晴らしく、所有する喜びもある。シールドの開閉操作は、決して、パカパカ感はなく、適度な抵抗があり、これも良い感じ。被った感じは、人それぞれだと思う。僕は、いわゆる典型的な『アライ頭』のようであり、L(エル)サイズで、ピッタリから少しきつめ。一方、手に入れたBullittのサイズはXL(エックスエル)。試着した際には、僅かに大きいかな、と思ったのだけど、改めて被って走ってみると、まさにジャストサイズだった。実は購入の際に、L(エル)サイズも試着したのだけど、入るには入ったのだけど、被る時も被った後も、頭の前方部分(オデコの少し上側)がヘルメットに接触していたし、窮屈感もあった。このあたりは、頭のサイズだけでなく、カタチに因るところが大きく、購入の際はやはり試着を勧める。とは言え、基本的には、小さいヘルメットは致命的であり、その後の調整を踏まえて、大きめを購入すべきと思う。

bell2_edit.jpg

先日、おろしたてのBullittを被り、60kmほど走ってきた。外観から想像する通り、フルフェイスなのだけど、視界はかなり広く、ジェットタイプに慣れているライダーでもあまり違和感はないはず。走り出すと、それなりの風切り音は聞こえてくる。アライのフルフェイスを被って乗った感じはよく覚えていないのだけど、それよりも随分と『ウルサイ』のではないか。個人的には、気になるようなものではないのだけど、例えば、ヘルメットの内部にスポーカーを仕込んで乗るような場合は、音が聞こえにくいかも。ベンチレーションの効果は、正直よくわからなかったので、次回、意識して試して見たいと思ってる。

さて、ボンネビルとBullittの相性はどうだろう。このあたり、全くの個人の好みの領域であり、僕がどうのこうの言うまでもないのだけど、個人的には、なかなか良く似合ってると思ってる。ボンネビルというオートバイに関しては、その昔から、ジェット vs. フルフェイスのレトロな議論(?)があり、どちらかと言うと、ジェットが優勢だと思うのだけど。所詮、ヘルメットは消耗品、個人の好みに合わせて、あるいは季節に応じて、選べば良いのだと思う。

ヘルメットのカラーはどうだろう?僕の場合、どちらかと言うと、ホワイト系を選ぶことが多い。因みに、このBullittの色はなかなか良いホワイトと思う。ホワイトにも色々あるのだけど、オフホワイトと呼ぶのだろうか、少しクリーミーなホワイトないい感じ。

bell3_edit.jpg
関連記事
Posted by

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。