FC2ブログ

ボンネビルのハンドルバーを交換する(其の5:やっと交換)

20111015.jpg

本日、ついにというか、やっとというか、マイボンネのハンドルバーを交換しました。取付けるのは、Norman Hyde社の M Bar。先に、motor-motoさんより教えていただいた手順を何度か読み直し、作業を始めます。取りあえず、ここでは、交換作業について、備忘録として、書いておきます。

ハンドルバーに付いてる色んなものを取り外します。まず、左右のバーエンドミラーを外します(写真1)。その後、スロットル側のスイッチボックスを、ネジ2本(背面と底面)を緩めカバーを外します(写真2、3)。次に、クラッチ側のスイッチボックスを、ヘックスボルト2本(前面)とネジ2本(背面と底面)を緩めて、バーから取り外します(写真4、5)。次に、ストットルのハンドルグリップをスロットルグリップから無傷のまま外そうとするのだけど、これがなかなか難しい。で、思い切って、カッターでカットして外しました(写真6)。この段階で、新しいグリップをスロットルグリップに取付けます。そのまま装着しようとするのだけど、途中まで挿入して、そこからは無理。で、何かないかと、洗面所で物色してると、『フェイスゲル』なるモノを発見。ちょっと失敬し、これをスロットルグリップにヌリヌリ、で、グリップを根元まで挿入成功(写真7、8)です。スロットル側のスイッチボックスを、停めている残り2本のヘックスボルトを外し、カバーを外します。この状態で、スイッチボックス/スロットルグリップ一式が、完全にバーから外れる状態になっています。その後、純正のハンドルバーを固定しているライザーボルト4個をヘックスで緩めます(写真9)。完全にボルトを外したら、バーの左側を持ち、手前に引いて、スロットルグリップを外します(写真10)。外したスロットルグリップ+フロントブレーキオイルリザーバー(写真11)。コレをそのまま垂らしておくと、エアを咬むことがあるそうから、ガマンして、このまま右手で支えながら、実は、すぐ側に用意しておいた Mバーを左手で取り、そのままスロットルグリップを差し込みます(写真12)。ライザーボルトで Mバーを仮留め(写真13)した後、位置を合わせ、トルクレンチを使って、規定トルク(26 Nm)で締め付け、固定します(写真14)。スロットル側のスイッチボックス(写真15)とクラッチ側のスイッチボックス(写真16)を、ボルトとネジで固定します。ところで、スロットル側のスイッチボックスの中に、接続されてないカプラーを発見(写真15)。アレっ!外れちゃったのかな?でも、受け側がみつからないまま、固定する。後ほど、motor-motoさんより、コレは無視していいことを教えていただきました。でも、コレ、なんだろ?
20111015b.jpg

最後に、ハルシオンのバーエンドミラーに、汎用の Bar-End Fitting を装着、左右のミラーを取付けて、完成です。(続く。)
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://roadmanbo.blog.fc2.com/tb.php/665-340ad5c5

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Category