ボンネビルのテールライト再々考

これまで、ボンネビルのテールライトについては、何度か純正品からサードパーティ製のものに変えてる。最初は、ルーカススタイルのリアライトに、ウインカーをセパレートとした。2度目は、オーバルタイプのルーカススタイルのウインカー+テールライト一体型。そして、3度目に手に入れたものは、イメージが僕の思うところと違っていたため、ここのところは、オーバルタイプを使い続けている。そして、先日、注文しておいたテール...

車検あがり(@41,888km)後の恒例プチカスタム

車検あがりのボンネを自分仕様にプチカスタム戻しする。まずは、サイレンサーをスポーツパフラーに交換。そして、2次エアシステムの取り外し、更に、ハンドルバーの交換。ハンドルバーについては、今回、久しぶりに、ノーマンハイド Low UK Bar に交換、これにより、純正ハンドルよりも4cmほど高さが抑えられる。なお、今回の車検整備のタイミングで、前後タイヤ交換(ピレリ SPORT DEMON)、ホイールアライメント、前後ベアリン...

第289話 街角(岐阜県多治見市)

所用の帰りに、多治見市に立ち寄り、街の中心部と思われるところを歩いてみた。ここは、日本で最も暑くなるところとして知られてるそうだ。今度は夏にオートバイで来てみようか。街角のなんてことのない風景なのだけど、道路の標識ってのは、なんで、こんなに色彩が豊富なんだろう。まあ、これはこれで、画としては、うまくまとまってるような気もする。...

第288話 ろじうらのカフェ バンバン堂

足助の町は川沿いに沿ってるから、通りから川の方向に何本もの路地がある。この路地が興味津々であり、時々、細い路地を歩き進んだりする。そして、ある路地を進んでいくと、『ろじうらのカフェ バンバン堂』があった。迷わずドアを開けた。注文してから、暫くしてから(10分ほど)、持ってきていただいたコーヒーがとっても美味しかった。この10分ほど、というのが、絶妙な時間であり、ドリップでとっても丁寧に淹れてくれたんだ...

第287話 足助の町並みを歩く。

「足助」と書いて「あすけ」と読む。豊田市にある町で、すぐそばにある香嵐渓は紅葉で有名だ。その昔、三州街道(塩の道)の足助宿として栄えたこの町は、今でも、古い町並みが残ってる。所用があり、こちら方面にやってきたのだけど、まだ朝の早い時間だったから、足助の町を歩いてみた。休日の晴れた朝、カメラ片手に、こんな町を散歩するのはとっても楽しい。     ...

サンプルロースターで初焙煎

ここ数年、『美味しいコーヒーを淹れる』ことに関して、『自分プロジェクト』として、ダラダラと取り組んできた。コーヒーの淹れ方にも、色んなバリエーションがあり、ペーパードリップも様々だ。なんでもそうだけど、色々と試行錯誤してるうちに、その奥の深さに気付くようになり、そして知識を得ようとして何冊もコーヒーの本を読み漁ることになった。そうこうしてるうちに、コーヒー豆の焙煎に興味を持つようになり、さ手に入れ...

ボンネビル寸景 #431: 青空

ボンネビルを手に入れて6年が過ぎ、そして7年目が始める前に、3回目の車検。本日、いつもお世話になってるレッドバロンさんに入庫。車検前整備とともに、このタイミングでタイヤ交換もお願いした。このところ、ほとんど乗ってないのだけど、連休には、どこかを旅したいと思ってる。オートバイに関して言えば、どうやら、『七年目の浮気』は起こりそうもないようだ。僕はボンネビルに首ったけ。...

車検準備2

...

車検準備

今月末の車検準備のため、サイレンサーを純正品(オリジナル)に換装。その他に戻す必要があるのは:- ハンドルバー(換装)- シート(換装)- 二次エアシステム(戻し)- 前後タイヤ(交換): METZELER LASERTEC からPIRELLI SPORT DEMON(発注済)へ。...

コーヒー時間

今度、この映画を観に行ってみようと思ってる...『A Film About Coffee』...

ジャガーXJ8 (X308)の12ヶ月点検(@43,318km)

2002年型のジャガーXJ8(X308)を手に入れて1年と3ヶ月、トラブルもなく、快調に走ってくれてる。とはいうものの、14年ものの英国車、乗りっぱなしというわけにもいかない。昨日、12ヶ月法定点検のため、ジャガー静岡さんに入庫、一通りの点検をしていただいた。特にトラブルはなく、劣化していたワイパーブレードの交換のみ。トラブルがあれば、早期のうちにケアしておけば、結果的にトータルの出費も安く上がるはず。ある意味...

AUTOart ジャガー XJ8 (X308) 1/43モデル

よく出来てる。僕のジャガーと、形式もカラーも同じミニカー、つい手に入れてしまった。AUTOart ジャガー XJ8 (X308) 1/43モデル...

第286話 新清水駅(2016年)

清水駅(JR)から駅前の商店街で遅い昼食を取り、更に歩き、新清水駅(静鉄)を通過する。映画撮影中。暫く眺めてみる。街を歩いてると、既に春の匂いがする。こんな日にカメラを持って散歩するのも良い。へえ、こんなところにこんな店がある、とか、こんな路地って良い感じ、などと、歩いてると、思わぬ発見もする。...

生豆を手焙煎してみる休日の朝。

少し前に、手焙煎の道具、『煎り上手』、を手に入れたものだから、休日になると、生豆を煎っては、ミルで挽き、ドリップで淹れたコーヒーを試してる。取り敢えずやってみた最初の手焙煎コーヒーは、酸味が強く、どうしようもないくらい残念だった。その後、コーヒー本などで学習しながら、試行錯誤しながら手焙煎。時々、コレ美味しいかも、なんていうマグレもある。焙煎とは奥深い世界なのだ。同時に、安定したコーヒー豆を提供し...

ボンネビル寸景 #429: 僕のボンネにはキャブレターがついてる、と思うこと。

キャブレターからインジェクションにシフトして、暫く経つのだけど、現在、キャブ車を新車で買えるのだろうか。特に、キャブレターに深い思いいれはないのだけど、もし誰かに聞かれれば、キャブ車を選びたい。もちろん、エンジン性能とか、環境への優しさとか、排ガス規制への対応を考えると、インジェクションの方が有利なのだろう。でも、以前、怖る怖るバラしてみたキャブレターを眺めながら、それまでの本の上での知識をビジュ...

まいにち使うもの:HUNGRY JACKのパンケーキミックス

20代の頃、アメリカ東部の田舎町で暮らしてたのだけど、時々、無性にパンケーキの朝食が食べたくなる。当時の僕のお気に入りは、HUNGRY JACKのバターミルク・パンケーキミックス。『ハングリー・ジャック』という名前も素晴らしい。僕の人生の中で、これ以上のパンケーキミックスに出会ったことがない、というのは、当時の記憶から来る僕の想い入れから来るのかもしれない。長期のアメリカ出張から帰国した同僚が、土産にと、あのH...

ボンネビル寸景 #428:At Gas Stand

自宅から100mほどのところにあるガソリンスタンド。ひとっ走りした後は、いつもココでハイオク満タンにして帰宅する。平均的な『ひとっ走り』では、ハイオクガソリンを5〜10Lほど消費する。特に具体的な用事も目的があるわけでもない。ある意味、ただ意味もなくガソリンを消費してるだけの非生産的な時間とお金の使い方とも言える。無駄とも思えるのだけど、それだけのガソリンを消費する時間に、得られるものは無限だ。ただ目的も...

まいにち使うもの:みるっこDX R-220(フジローヤル)

コーヒーミルは、文字通り、毎日使ってる。フジローヤルの『みるっこ』は知る人ぞ知る、家庭用コーヒーミルの最高峰。安価な電動ミルは沢山あるのだけど、毎日使って、更に、一生モノということであれば、この値段にも納得できる。...

ボンネビル寸景 #427:久しぶりに乗る。

年末から年始にかけて、、まあ、色んなことがあり、ボンネに乗るなんてことさえ思うこともなかった。そんなわけで、ボンネはガレージに置きっぱなしになってた。自分自身が乗りたいと思うのを待ってたような感じ。別に、無理に乗る必要もない。久しぶりに、ガレージを開けると、去年の状態のまま、ボンネが佇んでる。前後タイヤの空気圧をチェックし、ボンネをガレージから出してやる。燃料コックを開いてやり、チョークを引く。バ...

シロネコでコーヒー豆を買う。

朝は、まずヤカンで湯を沸かすことから始まる。その間に、顔を洗い、髭を剃り、そして、ドリッパーにコーヒー豆を計りとる頃に、ようやく湯が沸騰する。そして、丁寧にドリップする。毎日の朝は、こんな感じで始まる。コーヒー豆について言えば、最近のお気に入りは、掛川の自家焙煎珈琲豆シロネコさん(HP)の『クロネコブレンド』。...

まいにち使うもの:L.L.Bean のフィールドコート

L.L.Bean のフィールドコートは、僕が二十歳の頃には既に手に入ったから、既に30年以上続く定番製品だ。初めて手に入れたのは、僕が30歳の頃、このコートは、それから20年間、文字通り、使い倒した。時々、洗うから、オリジナルのSaddle色はほとんど薄れて白っぽくなった。そして、最近、フィールド・コートを新調した。今回手に入れたのは、やはりオリジナルのフィールドコートなのだけど、取り外し可能なライナーには、ポリエス...

まいにち使うもの:ハンス・J・ウェグナーのロッキングチェア

父親は、家の中のいつもの位置に、いつもの椅子に座っている。アメリカ映画でよくある光景だ。そんな椅子が欲しいと思い、15年ほど前、中古住宅を手に入れた時に、手に入れたハンス・J・ウェグナーのJ16 ロッキングチェア。どこから見ても美しいと思う。この椅子を手に入れて15年、当然ながら、僕もそれだけ歳をとったわけだ。...

ボンネビル用カスタムシート(タックロール仕様)

先日、ヤフオクで純正カフェレーサーシートを出品(落札御礼)したのだけど、その後、ボンネビルのタックロール・カスタムシートを手に入れた。純正シートのタックロール化は、以前にも何度か考えたことがあり、いつかやってみたいと思っていた。今回手に入れたカスタムシートは、2002年製シートに専門業者による加工が施されたもの。全体的にアンコ盛(2cm高)し、着座位置辺りは削って、シート高は純正と同等とのこと。加工後の...